手湿疹のかゆみ対策

手湿疹の症状でもっともつらいのは、手にかゆみをともなうことではないでしょうか。
手のかゆみの度合いは、人それぞれ個人差がありますが、かゆみの種類も実にさまざまで、手湿疹にかかった場合、そのかゆみはかなり辛いこともあります。

手がかゆくなると、どうしてもがまんしきれずに掻いたり、手と手を擦り合わせたりすることがあります。
無意識にしているこのような行動が、かえって皮膚を刺激してしまい、指や爪から雑菌が侵入すると、かえって症状を悪化させることにもなりかねません。

手湿疹により、手がかゆくなっても、掻いたりこすったりしないこと、そしてかゆみ自体が引き起こされることがないように根気強く対処することです。
実は、手湿疹によるかゆみが引き起こされる最大の原因とされているのが、手の乾燥です。

とくに、冬は空気が乾燥しやすくなり、洗顔や水仕事をするのに頻繁にお湯を使ってしまうと、手の皮脂がはがれ落ちてしまい、乾燥肌を引き起こす原因になります。
手の乾燥からかゆみを引き起こしやすくなりますので、手湿疹にかかっている人はもちろん、手湿疹にかかっていない人も、十分に注意する必要があります。

冬の寒い時期の手湿疹のかゆみ対策としては、手を乾燥させないことです。
エアコンやストーブ、ファンヒーターなどを室内で頻繁に使用する機会も増えてきますが、手が乾燥しないように、加湿器を置いたり、ストーブの上にお水を入れたやかんを置いて、蒸気を出すなど、室内の乾燥を避ける工夫が求められます。
暖房器具を使用している部屋の中で、洗濯物を室内干しにするのも良い方法です。

ふだん使っている石けんや洗顔料などは、手に触れるものですから、低刺激でできるだけお肌に優しいものを選ぶように心がけましょう。
とくに、洗浄力が強いタイプのものを使い続けているうちに、皮脂がはがれ落ちてお肌本来の潤い成分までが奪われてしまいます。
また、お湯を使って洗うことも乾燥肌を招く原因となり、皮膚への刺激が強いため、注意する必要があります。

冬の寒い時期にお水を使うのがどうしてもいやな人は、ぬるま湯程度にとどめておくと良いでしょう。
とくに、熱いお湯を使うことには、十分な注意が必要です。
手湿疹のかゆみ対策で大切なことは、荒れてしまった指や手のケアをきちんと行うことです。
洗顔をした後や水仕事の後、入浴後には、手の水分や保湿成分が失われがちになりますので、時間をあけずにすみやかに、保湿成分がたっぷり含まれたハンドクリームを塗ると良いでしょう。
保湿成分がたっぷり含まれたハンドクリームを手に塗ることで保護する膜ができて、外部からの刺激から手を優しく保護してくれます。
水分や保湿成分の蒸発を防ぎ、ハンドクリームの持つ保湿成分がじわっと他のお肌の奥へと浸透していきます。
手のかゆみがどうしても気になる場合は、保湿剤やハンドクリームなどを塗ると良いでしょう。
なお、クリームなどを塗るときは、必ず手や指を清潔にしておきましょう。

このページの先頭へ

クレジットカード