手湿疹の原因

手湿疹にかかりやすい人もいれば、かかりにくい人もいますが、そもそも手湿疹にかかる原因は、どのようなことが考えられるのでしょうか。
手湿疹は、仕事や生活環境などと深い関係があるのですが、とくにふだんから水を使う仕事をしている人や薬剤を手で触る機会が多い仕事をしている人に多くみられます。

職業で言えば、調理師や美容師など、水や洗剤などを頻繁に使用する仕事をしている人に多いようです。
手湿疹の症状を悪化させないためには、出来るだけ水や洗剤を使わないことが望ましいでしょう。
しかし、これらの仕事を職業としている以上は、洗剤や水を使わないわけにはいきません。

とくに、美容師や調理師などの仕事をしていない人でも、毎日使用する食器用洗剤や洗濯用の洗剤など、毎日使用する頻度が多い日用品が原因で、手湿疹の症状が出るケースも少なくありません。
女性である以上、毎日の生活の中で、日常的に家事をこなしていますから、料理や洗濯などをしないわけにはいきません。

手湿疹の原因としてもうひとつ考えられるのは、洗剤やお水、お湯の使用頻度が高いこととは別に、もともと自分が持っている体質が原因とされる場合もあります。
アトピーやアレルギー体質の人は、もともと皮膚のバリア機能が弱くなっていますので、ちょっとした刺激により過剰に反応して、手湿疹になることがあります。

手湿疹の原因は、なかなか特定されにくい場合もありますが、手湿疹にかかりやすい人とそうでない人には、個人差がかなりあるということを理解しておきましょう。

このページの先頭へ

クレジットカード