手湿疹になりやすい人

手湿疹は、とくに主婦の人に多くみられる症状ですが、主婦で毎日水仕事をしている人でも、まったくかからない人もいれば、何度も頻繁に繰り返す人もいます。
手湿疹になりやすい人もいれば、なりにくい人もいますが、それは肌質や体質の違いや、生活環境の違い、使用している洗剤などの違いなど、実にさまざまな要因が考えられます。

手湿疹にもっともなりやすい時期は、秋から冬にかけて乾燥する頃です。
水仕事をするときに使う洗剤には、洗浄力が強くて油汚れなどを除去する力が強いものが多く、そのため使い続けることで、皮膚の水分や保湿成分が奪われてしまうことがあります。

洗剤の種類によっては、殺菌剤や抗菌剤、蛍光漂白剤、香料、合成界面活性剤などが使用されているものもあり、とくに洗浄力の強い洗剤にはこれらの成分が高配合になっているものもあります。このような成分が皮膚に付着することにより、気づかない間に、水分や保湿成分がどんどん奪われています。

水分や保湿成分が奪われてしまった手は、乾燥しがちになり、ちょっとした刺激にも敏感に反応しやすくなりますから、かゆみをともなうことがあります。とくに手湿疹にかかったことがない人でも、冬の寒い時期には手だけでなく、お肌も乾燥しやすくなりますので、十分に注意する必要があります。

もともとお肌が弱い人や乾燥肌の人、アトピーやアレルギー体質の人は、手湿疹にかかるリスクが高いですから、十分な注意が必要です。
水仕事をする機会が多い人や、家事や炊事、洗濯などをする主婦はとくに注意が必要で、水仕事の後には必ずハンドクリームなど保湿成分がたっぷりと含まれたクリームをつける習慣をつけておきましょう。

手の甲や手のひらだけでなく、手の指先や関節の部分も乾燥しないように、毎日丁寧にケアしておきましょう。

このページの先頭へ

クレジットカード