手湿疹のかゆみの原因

手湿疹のかゆみの原因について、考えてみたいと思います。
手湿疹は、見た目に皮膚の炎症の症状が出ているだけでなく、中には嫉視ができた箇所にかゆみをともなうことがあります。

手のかゆみが気になり、擦ったり掻いたりする人もいますが、手に刺激が加えられるとともに、指や爪から雑菌が繁殖しやすくなりますので、かえって症状を悪化させる原因になりますので、控えましょう。

それでは、手湿疹によるかゆみの原因は、どのようなところにあるのでしょうか。
それは、手の皮膚の乾燥が原因であり、皮膚の乾燥はバリア機能の低下を引き起こすからです。外部からの刺激により、手が乾燥することで、手にかゆみの症状が出てくることもあります。

とくに乾燥肌ではなく、手に水分や保湿成分が十分に含まれている人は、お肌の水分の蒸発が少なくなっていますが、お肌が乾燥しやすい方や手湿疹の人は、皮脂が極端に少なくなっている場合がありますので、水分が蒸発して乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下して、乾燥肌を招き、お肌が敏感になりますので、手のかゆみの原因となります。

日常生活の中では、常に手を乾燥させないような工夫を心がける必要があります。
手を乾燥させないためには、マッサージクリームやワセリン、ハンドクリームなど、保湿成分がたっぷり含まれたものを塗り、保湿力を補うことです。
水仕事をするときには、手袋をして手の水分や保湿成分が失われないように心がけましょう。
手の潤いをきちんと保つことで、手湿疹の症状の悪化を防ぎ、乾燥肌の予防・改善にもつながります。

このページの先頭へ

クレジットカード