手の湿疹を自宅でケアする方法

手湿疹を自宅でケアする方法について、考えてみましょう。
手はなにかものをつかんだり、手を洗ったり、日常生活の中で常に手を使ってなにかをしていますから、ふだんから手を優しくいたわるとともに、自分でできるケアを十分に心がけておく必要があります。

手湿疹にかかると、なかなかすぐには治りにくく、完治するまでには長い時間を要することもありますので、自宅でのケアは重要ポイントになります。手湿疹の炎症が悪化した場合は、まずは皮膚科専門医の診察や適切な治療を受ける必要が出てきますが、医師にすべて依存して治療を受けるだけではなく、自宅でできるケアをきちんと行うという心がけが肝心です。

自宅で手湿疹の症状を悪化させないためのケアを行うには、手を乾燥させないこと、そして保湿ケアを丁寧に行うことです。とくに家庭の主婦は、手湿疹にかかったからといって、料理や洗濯、洗顔などの手間を省くわけにはいかないので、手を使わないで生活することはまず不可能でしょう。

水仕事や家事などの際に、手の皮脂が奪われることがないように、ワセリンやハンドクリームなど、保湿成分がたっぷり含まれた保湿剤を使用するように心がけましょう。
洗顔や炊事など、水を使用したあとは、できるだけこまめに保湿剤を使用することが大切ですね。

とくに、手湿疹の症状が出ていない人でも、洗顔料や石けん、洗剤などにより刺激を受けやすくなっています。水やお湯による刺激だけでなく、手が物にふれる摩擦による刺激で、手湿疹の症状を悪化させるケースもあります。
布団の上げ下ろしや、拭き掃除など、気がつかない間に指や手に刺激が強くなることもあります。

手湿疹の症状が悪化する前に、悪化しないようにきちんとしたケアを行うことで、症状が緩和されるケースもあります。自宅だけではなく、外出先でのケアも重要ポイントになりますので、保湿成分がたっぷり含まれたハンドクリームは、バッグやポーチなどに常に携帯しておくことをおすすめします。

ハンドクリームにはさまざまな種類がありますが、とくに敏感肌の方やアトピー、アレルギーの方は選び方にも注意が必要です。刺激が強い薬剤の成分が配合されているものもありますので、自然の植物成分や美容成分が含まれた低刺激のものを選んで使うように心がけましょう。

このページの先頭へ

クレジットカード