ぱっくり割れには絆創膏

手湿疹には、手や指の乾燥が目立つタイプや、手指に亀裂が生じるタイプ、手指の皮膚が硬くなるタイプなど、実にさまざまなタイプがあります。その中で、ぱっくり割れになるケースも少なくないようです。

「ぱっくり割れ」という言葉を耳にするだけでも、なんだか痛々しい様子が伝わってきそうな感じですね。とくに冬の寒い時期になると、空気が乾燥する上に、水が冷たくなり、水仕事をするのにお湯を頻繁に使うことがあります。空気の乾燥と、お湯が手に触れることで、皮脂がはがれてしまい、手指が乾燥するリスクが高まってきます。
ハンドクリームを塗っても、その後お湯で手を洗うと、油分や保湿成分が流れ出てしまいます。

ここで、手湿疹の経験をお持ちの主婦の方から寄せられた体験談について、ご紹介しましょう。ぱっくり割れになるほど、手指が乾燥してどのようにして、乗り切ったのか、ここでは絆創膏を用いた方法について、ご紹介したいと思います。
「手湿疹でぱっくり割れの症状に悩み、どうしようかと思っていましたが、とくに冬の寒い時期になると、手が乾燥しやすくなり、乾燥型の手湿疹になりました。そこで、手の乾燥を防ぐために、手指にクリームを塗って、保湿成分を補うように心がけました。

あとは、絆創膏を手指に貼ることで、手をできるだけ空気に触れさせないようにすることで、乾燥を防ぐことができました。とはいっても、絆創膏を手指に貼ることで、その部位がかゆくなったり、かぶれる人もいると思うので、皮膚が弱い人には適していないかもしれません。

私の場合は、絆創膏と保湿力のあるクリームを組み合わせて使うという方法で様子を見ていて、その結果、効果に期待することができました。
冬にできる手湿疹は、夏の手湿疹でジクジクした部分がだんだん治りかけてきたかなと思っていたら、今度は乾燥してきました。

しかも、乾燥した部位を曲げる頻度が高くなると、その部分の関節から皮膚にぱっくりと亀裂が生じて、治りにくくなりました。
日常生活の中で手指を使う機会が多く、水仕事以外にも布団の上げ下ろしをする動作は、大変でした。

ぱっくり割れが1度起こると、治りにくくなりますので、十分な注意が必要ですね。とはいっても、毎日の家事に手抜きするわけにもいかず、治るまでには時間がかかりますね。
ぱっくりと割れた部位は、谷間ができているような感じなので、その部分に保湿成分がたっぷり含まれたクリームを塗ります。そして、塗ったあとに絆創膏でフタをすれば完成です。こうすることで、その部位の乾燥を防げるようになり、しかもクリームの保湿成分が蒸発しないように、皮膚の内部にまで閉じ込めることができます。

その後、手指を伸ばしては曲げるといった動作がとても楽になり、動かしても違和感や痛みを感じることがなくなり、ぱっくり割れの部位の乾燥ケアができたので、治りが早くなりました。そして、このようにしておくことで、布団の上げ下ろしなどの動作も、安心してできるようになりました。

このページの先頭へ

クレジットカード