睡眠不足は手湿疹の悪化の原因

わたしたち人間が、健やかな毎日を過ごす上で、睡眠時間をきちんと確保して、毎日決まった時間に寝るということは、必要不可欠であり、睡眠不足は疲労やストレスなどを引き起こす原因であり、手湿疹の症状を悪化させる可能性も高いと言われています。

手湿疹は、夏の暑い時期でも冬の寒い時期でも、季節を問わず症状が出ることもあります。とくに、気温が暑い夏の時期は、とくに皮膚の炎症などのトラブルがなくても、暑苦しくてなかなか寝付けないのに、まして手湿疹の症状が出ている人にとっては、気温の暑さにより、手のお肌が刺激されてより強いかゆみをともなうようになり、寝不足になることもあるほどです。

手湿疹のかゆみで夜寝不足になり、睡眠不足からお肌のターンオーバーを乱す原因となり、悪循環になることもあります。手湿疹が最初は1か所に集中してできていて、前の手湿疹が回復する前に、新たに他の部位に手湿疹ができることもありますので、その結果、治りが遅くなることもあります。

夜寝るときに、手湿疹によるかゆみが感じられても、できるだけ早く寝るようにして、30分でも1時間でも、睡眠をしっかりとることで、回復を早めることもあります。
質の良い睡眠を確保することによって、手湿疹などのお肌のトラブルを早く回復させたいのであれば、夜10時~深夜2時までは熟睡するのが理想的です。

この時間に、成長ホルモンの分泌量が高まり、お肌のターンオーバーを正常に近づけてくれるので、手湿疹などの皮膚の炎症を回復させるとともに、お肌の健康にも良いとされています。もともと、健やかなお肌のためには寝不足が良くないと言われていますから、手湿疹にも寝不足や睡眠時間が不規則になるのは、望ましくないことです。

手がかゆくて夜がなかなか寝られないこともあるかもしれませんが、心身ともに疲労やストレスが蓄積されているときは、とくに注意が必要で、寝不足の状態が継続しないように、ストレスと上手につきあいながら、ストレスを解消させる方法を身につけておくことも必須です。

質の良い睡眠をとるように心がけることが、手湿疹の回復を早めること、そして女性のお肌を美しく健やかに導いてくれるということでしょう。

このページの先頭へ

クレジットカード