手湿疹が悪化した原因

手湿疹が悪化する原因について、考えてみたいと思います。
手湿疹になると、手が敏感な状態になり、とくにアレルギーを起こした物に触れることで、発疹やかゆみ、水泡などができる場合があります。

これらの皮膚の症状は、アレルギーによる反応であり、その反応のあらわれ方には人それぞれ個人差がありますが、肌質に合わない化粧品やゴム、湿布、洗剤、金属、漆などが手に触れることによって、接触性皮膚炎のアレルゲンとなる可能性があります。

洗濯洗剤を使うことで、皮膚に反応が出ていても気づかないまま、なにも対策をしないで、症状が悪化したというケースもあります。
皮膚の炎症を改善させる目的でステロイドを使用していて、長期間使用して皮膚に反応が出るといったケースも少なくないようです。

洗剤が手に触れることが原因で、手湿疹の症状が悪化するのであれば、手袋をはめて洗剤が手に触れないようにするなどの対策をとると良いでしょう。

接触性皮膚炎によるアレルギーは、ある日突然に皮膚に反応が出ることがあります。とくに皮膚が敏感な方や、アレルギー体質やアトピー体質の人は、洗剤が皮膚に対して刺激が強い人もいます。

洗剤を使用していて、違和感がみられたり、手が急に赤くなったり、かゆみをともなう場合、洗剤に含まれている成分に皮膚が反応したと考えられます。洗剤以外にも、なにかを手につかんで反応があらわれた場合にも、同じような症状がみられるケースもあります。

手袋をはめて原因となる物質を切り分けることにより、どのような物に対して反応が出るのかわかりやすくなりますので、その原因とされる物を触る時には注意しようと心がけができるようになります。

それでは、水仕事をするときやなにか物に触れるときに、手袋をはめていれば安心できるのかというと、必ずしもそうとは言い切れない場合もあります。
手袋に使用されている素材によっては、手袋と手が接触することによって、アレルギー反応を起こすケースもあります。
天然ゴム素材なら安心と思うかもしれませんが、ラテックスアレルギーによる反応で、手湿疹の症状を悪化させるケースもあります。
1度使ってみて、以前よりも手湿疹の症状が悪くなったと思われる場合は、すみやかに使用を中止して、アレルギー反応が出ない安全・安心の素材の手袋を使うように心がけましょう。

このページの先頭へ

クレジットカード