手湿疹と合成洗剤

わたしたちが毎日の生活の中で、さまざまな洗剤を使っていますが、ほとんどのご家庭で合成洗剤を使用しているようです。
とくに洗剤選びにこだわらない方なら、合成洗剤は、どこのご家庭にもひとつ、ふたつは置いていると思います。
一般的に、合成洗剤は、油脂や石油が原材料で化学的に合成された洗浄成分によって作られた洗剤のことを指します。合成洗剤とよく比較されるタイプの洗浄料には、石けんがあります。合成洗剤と石けん、それぞれにメリットもあれば、デメリットもあります。

石けんを使用することで、石けんカスが発生しますが、合成洗剤は石けんのように固形タイプではないので、カスが発生することはありません。
しかし、合成洗剤を使用する場合、衣類や食器を洗ったあとに、手をよくゆすいだつもりでも、皮膚に洗浄成分が付着したまま残っている場合もありますので、使用後は丁寧に洗いすすぎをすることです。

合成洗剤に含まれている界面活性剤は、いくら洗剤を薄めても、その性質が消えることがなく、皮膚に残ったままだと、手湿疹など手荒れの原因になることがあります。

洗剤によっては、合成香料や保存料などの添加物が多く含まれているものもあり、お肌に優しいとは言えないような成分が含まれているものもあります。洗剤の多くは、長期間使用していても、品質がほとんど変わることがありません。

それは、保存料が配合されているから、品質を保つことができるのですが、添加物であり、お肌に対して刺激が強い成分が使用されているものもあります。食器や衣類をキレイにする目的で使う洗剤によって、人の手が荒れて手湿疹になる可能性もありますから、直接手に触れることで、人体やお肌に悪影響をもたらす可能性があるということを踏まえた上で、慎重に選びたいですね。

このページの先頭へ

クレジットカード