手湿疹の原因のひとつは洗剤

手湿疹の原因にはいろいろ考えられますが、ふだん使っている洗剤の成分により、手が荒れやすくなり、手湿疹ができる可能性があります。食事のたびに洗い片付けをしたり、洗濯機で洗うのが困難な衣類などは、手洗いする場合があります。
洗剤の洗浄成分が強すぎると、油汚れなどはよく落ちても、女性のお肌に対して刺激が強くなりますので、皮膚に必要な水分や皮脂が剥がれ落ちて、乾燥肌の原因にもなります。

乾燥した皮膚は、お肌ダメージを受けやすくなり、手のかゆみや手湿疹を引き起こす原因となります。
本来、洗剤は、汚れを除去するために使いますが、汚れ落ちがよすぎるあまりに、手のお肌の潤いを失わせることもあります。

女性にとって、家事は毎日欠かすことができないので、きちんとしたハンドケアをしていないと、知らず知らずの間に手荒れを引き起こしてしまいます。
とくに、食器を洗うときに水が冷たいからと、洗剤をたくさん使う上に、お湯で洗っていると、皮脂がかなり除去されてしまいます。

わたしたちの日常生活の中で、台所用洗剤や洗濯用洗剤、洗顔料や石けん、ボディソープなど、洗剤を使う頻度が高いため、ひとつひとつの洗剤について、本当に必要なときだけ使用すること、そして洗剤に配合されている成分について、きちんと確認しておきましょう。

普通肌の人でも、洗剤を使用することでお肌にダメージを与えやすいのですから、まして敏感肌やお肌が弱い方なら、なおのこと細かい配慮が必要となります。

このページの先頭へ

クレジットカード