ステロイド外用薬の副作用

ステロイド外用薬を使用する上で、もっとも気になるのが、副作用でしょう。ステロイドに限らず、薬剤には体に良い作用が期待される反面、身体にダメージを与える可能性もあり、そのリスクをはらんでいることは、理解しておく必要があります。

ステロイドを用いることにより、炎症を抑えるという本来の目的は達成できたとしても、副作用としては、人それぞれどの程度あらわれるのか、さまざまな違いがあります。

ステロイドを使用したすべての人が、同じような副作用があらわれるとは限りませんが、さまざまな副作用がとして、多毛・小児の成長障害・接触性皮膚炎(皮膚のかぶれ)・毛細血管の拡張・皮膚の委縮、水虫・カンジダ・とびひなどの感染症にかかりやすくなるケースがあります。
とくに、免疫力が低下している方は、感染症には注意が必要です。

ステロイド外用薬は5段階に区分されており、症状の度合いなどにより、弱いタイプのものから強いタイプのものまで、医師の判断により使い分けられています。最強レベルのステロイド外用薬を使うことはまれで、長期間に渡り使用するといったことでない限りは、副作用が一時的に短期間にみられることがあっても、使用を中止すれば副作用が出なくなります。
とくに、全身性による副作用の症状が出るといった心配は、まずありません。
ステロイドの処方について、不安な点やステロイドが処方されたことにより、手湿疹の症状が悪化した場合や、副作用が気になる場合は、医師に相談の上、薬の処方を変えてもらうなど、対処してもらうと良いでしょう。

このページの先頭へ

クレジットカード