ステロイド外用薬の使用

ステロイドという言葉を耳にするだけで、副作用が気になるので使用は控えた方が良いと思う人も少なくはないようです。なにかとマイナスイメージの強いステロイド外用薬ですが、ステロイド剤は大きく5段階に区分されており、それぞれの症状の度合いなどにより、どのようなステロイド外用薬が使用されるかについて、違いがあります。

皮膚科でステロイドを処方された場合は、決められた使用回数や量をきちんと守ること、1度に大量に使用しないこと、皮膚に塗るときに強く塗り込まずに軽く塗るといったことに気をつけていれば、とくに心配はいりません。

ステロイドの処方について、人それぞれ賛否両論さまざまな捉え方があると思いますが、正しい使用法を心がけていれば、とくに問題はありません。
ステロイド外用薬の使用については、標準的な使用について示されたガイドラインに沿って行うことです。

ガイドラインによると、ステロイド外用薬の一般的な使用量は、5g入りのチューブから、0.5gの量(大人の人差し指で第一関節から指先までぐらいの量)が、成人の両掌の分に相当するということです。

ステロイドを使い始めの頃は、原則として1日2回塗ることです。その中で皮膚の変化など、常に様子を見ながら2週間程度続けてみることです。ステロイドは、その後は1日に1回程度に塗る回数を減らして、さらに1日おきに1回と減らして、ステロイドが含まれていない外用薬に替えるなど、医師の指示に従いましょう。

このページの先頭へ

クレジットカード