ステロイドとは

ステロイドは、副腎皮質ホルモンと呼ばれることもあり、皮膚の炎症などの症状を抑える作用を持つとされています。
副腎皮質ホルモンとは、腎臓の上の副腎と呼ばれる臓器から分泌されるホルモンのことを指します。

本来、副腎皮質ホルモンは、ウィルスが体内に侵入したときや、ストレスにさらされたときなどに分泌されるホルモンであり、体内で重要な役割を果たしています。
ステロイド剤は、体内で分泌される量では十分に症状を抑えきれない炎症などに対して、外から補給することにより、炎症を抑えるといった目的で使用されています。

ステロイドの薬の形態は、注射、目薬、塗り薬、貼り薬など、内服や外用などさまざまなタイプがあります。ステロイドという言葉を聞くだけで、副作用が気になる人も多いようですが、実はステロイドには弱いタイプのものもあれば、強いタイプのものもあり、その強さについてweek(弱い)・Medium(中等度)・Strong(強い)・Very Strong(とても強い)・Strongest(最強)と、5段階に区分されています。

ステロイドによる塗り薬は、皮膚科専門医で処方されるのが一般的ですが、ドラッグストアで購入できるものもあるようです。ドラッグストアでは、Very StrongやStrongestなどのタイプのものよりは、軽症の皮膚の炎症に対応可能なタイプなど、虫さされやかぶれなどによるかゆみの症状に対処できるタイプのものが取り扱われているようです。

一般的に、ステロイド剤と呼ばれている薬は、糖質コルチノイドの成分を化学的に合成されたもののことを指す場合が多く、手湿疹など皮膚の炎症の治療以外の用途でも使用されることが多々あります。

このページの先頭へ

クレジットカード