手湿疹になったらバッチテストをしよう

皮膚科で手湿疹の症状について受診する場合に、アレルギーやアトピー体質かどうか、お肌が弱いかどうか確認するために、塗り薬が処方される前にパッチテストが行われる場合もあります。

とくに近年は、アトピー体質やアレルギー体質の人が増えていることもあり、処方した塗り薬で万が一、手湿疹の症状が悪化しては大変です。パッチテストは、皮膚に薬品をつけて、48時間後にアレルギー反応が出るかどうかをチェックするというものです。

手湿疹の症状のみならず、とくに敏感肌やアトピー、アレルギー体質の人は、化粧品や洗剤を選ぶときにも、パッチテストをして皮膚への反応をチェックして、万が一、赤く腫れあがったりして、反応が出ているにも関わらず、気づかずに使い続けていると、皮膚のトラブルを引き起こす原因となります。

手湿疹の塗り薬には、何種類かありますので、万が一、パッチテストをしてみてお肌に合わない場合は、低刺激の塗り薬が処方されることもありますので、医師に相談すると良いでしょう。

手湿疹ができる原因が、洗剤や石けん、スキンケア製品による刺激性の物質が原因であるケースも多く、お肌に合わないものを使い続けていることで、手湿疹の症状が悪化する人も少なくないようです。
パッチテストを行うことにより、手湿疹の原因物質がわかることもありますので、アレルギー物質の含まれていない塗り薬を使用することで、手湿疹の症状に改善がみられる場合もあります。
手湿疹の原因が判明することにより、皮膚科に通ったり、薬が処方される回数を減らせることもあります。

このページの先頭へ

クレジットカード