手湿疹の必需品

手湿疹のケアは、じぶんが日頃からしっかり心がけていれば、ご家庭でも十分にできますので、安心ですね。とくに、もともと皮膚が弱い方や、乾燥肌で皮膚のバリア機能が低下している方は、毎日のハンドケアが重要ポイントになってきます。
手と指のケアを行うことは、とくに手湿疹などのトラブルがない方でも、皮膚を保護するためには、必要不可欠なことです。

手湿疹の症状が出ている人は、お肌がデリケートでちょっとした刺激にもすぐに敏感に反応してしまうことがあります。
とくに、主婦は毎日の食事の用意や洗い片付けで、お水や洗剤に触れる機会が多く、洗剤の選び方によっては、手湿疹の症状を悪化させる可能性もあるほどです。

お肌が弱い方や敏感肌の方は、食器洗いをするときに、ゴム手袋をはめて手と指をしっかり保護するように習慣づけておくと良いでしょう。水仕事をするときだけに限らず、手が物に触れることで摩擦により、手湿疹の症状を悪化させる場合がありますので、症状が落ち着くまでは、手袋をはめておくと良いでしょう。

手袋をはめているからといっても、手と指、そして手袋が触れているので、摩擦が起きやすくなっています。水仕事の後や夜寝る前のハンドケアとして、保湿剤やハンドクリームを塗る習慣をつけておきましょう。
ハンドケアにクリームや保湿剤を1日数回は塗り、手の乾燥を防ぎましょう。
手袋やハンドクリームや保湿剤は、手湿疹の人の必需品として活躍する機会が多いようです。

このページの先頭へ

クレジットカード