手湿疹は就寝時のケアが大切

手湿疹を自宅でケアするには、水やお湯を使ったあとに手にハンドクリームを塗るなどのケアももちろん大切ですが、夜寝る前にきちんとしたケアをしておくことも必要不可欠です。

わたしたち女性のお肌は、毎日朝晩2回のスキンケアをしているのと同じように、手のお肌にもきちんとしたハンドケアが必要ですね。そして、就寝前のハンドケアは非常に大切です。
その理由をあげると、夜寝ている間には手を洗ったりすることがなく、寝る前にハンドクリームをつけて、保湿成分を手のお肌に補給することで、夜寝ている間もしっかりケアしてくれます。

とくに、手の皮膚の症状が見られない人も、冬の寒い時期には、夜寝る前にハンドクリームをつけて、ケアしておくと乾燥肌の予防ケアができます。
手湿疹の症状がひどい人や、あかぎれなどの手荒れやひび割れがひどい場合は、医師の処方箋によるステロイドが付着したテープなどを貼って、就寝するという方法もあります。

ステロイドが付着したテープをお持ちでない場合、ばんそうこうや皮膚の傷口の治療薬を用いる方法もあります。手湿疹や手荒れには、乾燥がいちばん良くないので、乾燥を防ぐ工夫をすることが肝心ですね。

ふだんから手が乾燥しがちな人は、ハンドクリームや皮膚科専門医などで処方される保湿剤などでしっかりとケアしておくことです。使用する量が少し多いぐらいに感じられる程度に、たっぷりと塗り込むこと、そしてサッサッと手早く済ませるのではなく、丁寧に年入りにケアすることが大切ですね。

ハンドクリームや塗り薬を手につけた後は、綿の手袋などを用いて、指や手を覆うようにケアするなど、十分な配慮を心がけておきましょう。

このページの先頭へ

クレジットカード