主婦湿疹について

主婦湿疹という言葉を耳にしたことがありますか?
主婦湿疹とは、その名の通り、主婦の人に多くみられる湿疹などのお肌のトラブルのことを指し、手湿疹のことを言います。
手湿疹のことを主婦湿疹と呼ぶこともあり、女性のお肌の悩みのひとつともされています。

顔のお肌は、洗顔やクレンジング、メイクやスキンケアをする時に化粧品を使いますが、主婦湿疹は、手でものを触ったり水につけたりする機会が多く、さまざまな刺激を受けやすくなっているため、顔のお肌以上にダメージを受けやすくなっています。

主婦湿疹で多くみられるのが、直接指や手に触れた物による刺激で、皮膚に炎症を起こしてしまうケースや、もともとの体質がアトピーやアレルギーにより、ちょっとした刺激に敏感に反応しやすいケースなどがあります。

手湿疹のことを主婦湿疹と呼ぶ理由は、男性よりも女性のほうが日常生活の中で炊事や洗濯をする頻度が多く、主婦特有の皮膚の症状ということでしょう。
とくにお湯を使用することで、手が乾燥しやすくなりますので、皮膚のバリア機能がかなり低下してしまいます。

主婦湿疹の症状には、手の乾燥によりガサガサになったり、あかぎれになったり、指の関節か所にできるひび割れなど、その症状も実にさまざまです。
毎日使い続けている洗濯用の洗剤や洗顔料、台所用洗剤がお肌に合わないことが原因で、手湿疹を引き起こすケースも少なくありません。

とくに、皮膚に対する刺激が強い成分が配合されたものを使い続けていると、症状をより悪化させる場合もありますので、購入する前に洗剤の成分表示を十分確認しておく必要があります。

主婦湿疹の症状が出たら、ハンドクリームを使用することで、保湿成分が補給され、数日~数週間程度で完治する人も多いようです。
しかし、中には、ハンドクリームを使っていても年中同じような症状が頻繁に繰り返されるなど、完治する気配が一向にみられない人もいるようです。

ふだんから、あまりお水に触らないように意識していても、手に痛みや腫れなどの症状をともなう場合、手湿疹の症状が引き起こされた可能性があります。
皮膚が強い人もいれば、弱い人もいますので、体質や肌質によって、左右されることもあります。
もともと皮膚が弱い人や、アトピーやアレルギー体質を持っている人は、ちょっとした刺激に対して敏感に反応しやすくなります。

とくに、足や顔にアレルギーが原因とされる炎症が見られずに、指や手だけに炎症を引き起こす場合、アレルギー性皮膚炎の人も手湿疹になっている可能性もありますので、早めに皮膚科専門医の診察を受けることをおすすめします。

ドラッグストアなどで市販されている薬には、手湿疹に対応したものもあります。
テレビCMで、手湿疹に対応した薬についてご存知の方も多いようです。
CMを見ると、手湿疹の症状などについて説明されていますので、もしお心あたりがあれば、早めに確認しておくこと、必要に応じて皮膚科専門医の受診を受けるなど、対処することです。

このページの先頭へ

クレジットカード