手湿疹はケアの仕方が大切です

女性のお肌はいつも若く美しくありたいと願うように、手のお肌も常に清潔にして、冬の寒い時期にあかぎれやしもやけなどのトラブルがない美しい手を維持できるように、心がけたいものです。

最近、若い女性や主婦に手湿疹の人か増えていると言われています。
手湿疹の症状が出ている指や手は、とくに乾燥しやすいこともあり、ちょっとした刺激にもデリケートに反応してしまいます。

わたしたちの日常生活の中で、手は常になにか物をつかんだり、物に触れたりしています。
とくに物に触れていなくても、空気にさらされ、一歩外に出れば、その外気にさらされて強い刺激を受けることもあります。
さまざまな刺激から手を清潔にして、常にキレイに保つには、毎日のきちんとしたケアが必要不可欠となります。

それでは、どのようなことに注意していれば、手湿疹などのトラブルに悩むことなく、毎日を過ごせるのでしょうか。

ふだんの手のお入れとして、外出先から帰ってきたらすぐに手を洗う、ハンドクリームをつけるなど、日常的なケアを怠ることなく、継続する必要があります。
とくに、水仕事をする場合に、できるだけ手に対して刺激を与えないように意識すると良いでしょう。
指や手を擦ったり、必要以上に刺激を与えないことです。

とくに、冬の寒い時期になると、水仕事をしたり、洗顔や歯磨きをするときに、水が冷たくなるので、お湯を使う頻度が増えてきます。
実は、お湯を使用することで、手のお肌に必要な皮脂がはがれ落ちてしまい、その結果、手が乾燥しやすくなり、あかぎれなどの原因になります。

手湿疹やあかぎれなどの症状が気になる方は、手を十分に保湿ケアしておく必要があります。
冬の寒い時期は、できるだけ水を使うようにして、お湯の使用を極力控えましょう。
女性は、男性よりも水を使う機会が多く、毎日の食事のあとの洗い片付けは欠かせません。
お湯だけではなく、食器洗い用の洗剤なども、手に対して刺激が強いものを使い続けていると、手湿疹の原因となります。

手湿疹の症状が気になる方は、拭き掃除や食器洗いをする際に、手袋を着用することをおすすめします。
手湿疹をケアする上で、手のお肌を乾燥させないこと、そしてなによりも保湿成分を十分に補給することが大切です。

そのためには、保湿成分がたっぷり含まれたハンドクリームを使用すると良いでしょう。
ハンドクリームには、指や手のお肌のバリア機能を保護してくれますので、外気による刺激や乾燥から守ってくれます。

手袋やハンドクリームは、最初のうちは面倒かもしれませんが、手湿疹の症状を悪化させないためにも、きちんとつけておく習慣をつけることです。

このページの先頭へ

クレジットカード